記事の詳細

自動車の性能は年々良くなっているにも関わらず、毎年多くの交通事故が発生しています。その原因は、スピードの出し過ぎや、気持ちに余裕がなかったことなどが挙げられます。家から一歩外に出れば、たくさんのドライバーがいます。それぞれタイミングの捉え方も違えば、性格も運転の目的も違います。例えば仕事に向かう途中急いでいて、車線変更しようとスピードを上げたところ、前方の信号が変わり、前の車に追突してしまったという事故はたくさんあります。そこで大切なのが、走行速度に合った車間距離を保つことです。前の車が急に止まった時、距離が近いとブレーキを踏んでも間に合わないだけでなく、後続車も巻き込む玉突き事故になってしまいます。スピードが出ていれば出ているほど、車が止まるまで時間がかかるため、その分車間距離も広く取らなければなりません。目安として、速度から15を引きます。60キロで走っていれば、45メートルが適切な車間距離となります。また、高速道路などで80キロ以上スピードを出す場合は、その数字がそのまま目安となるので、この場合は80メートルとなります。雨や雪など、路面状況が悪い時は、さらに距離を長めに取る必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る