記事の詳細

高速道路と同じ様に一般道路にも最低速度の規制があります。
ただただゆっくり走れば事故を起こさないのかと言えばそうではありません。前後左右の安全を確かめて流れに沿って走行するのが一番の安全運転と言えます。
例えば、自分の車だけが流れに逆らう様に走り続ければ車線が多いところなら未だしも、もし一車線の道であれば渋滞を引き起こしかねません。そうすると必然的にイライラが起こります。そして、その為に事故を誘発してしまう事も考えられます。また、前の信号が黄色に変わったからといって確認することもなく急ブレーキを踏んでしまう事も事故に繋がります。
注意信号は、必ず周囲をきちんと確かめた上で止まる、止まらないの判断をしましょう。後続車が勢いあまってぶつかると言う事故を回避する為にも気をつけたい所です。
そして、速度が遅い場合は、左側の車線を走りましょう。
場所が解らない時や車の具合がおかしい時には走行せず、ハザードを点滅させて止まる事も必要だと言えます。先ずは、自分の車の状態を周囲に知らせると言う事で交通トラブルが予防出来ると言う事を忘れてはなりません。
道路は自分一人で走っているのでは無いと言う事をしっかりと認識し、周囲の状況に適合した運転を心掛ける事が一番の安全策だと言えるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年4月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る