記事の詳細

一般道と高速道路では基本的に交通ルールが違うという事を念頭に置きます。
その上で、車間距離には覚え易い方式があります。
一般道は、制限時速マイナス15キロ、高速道路では時速と同じ。100キロなら100キロ、時速80キロなら80キロという方式です。
運転中に迷ったり、分からなくなったら、難しく考えず、前の車のナンバ―プレートが読めない程度、と考えても良いでしょう。
勿論、渋滞時や大雨等の天候、タイヤの摩耗状態によって臨機応変に対応する事は言うまでもありません。
高速道路には車間が分かり易い様に、一定の間隔でポールや標識が設置されているので、それを参考にしても良いでしょう。
何より大切な事は、心に余裕を持ち、ゆとりある運転をする事です。
前方の車が急停車しても、ぶつからないで止まれる車間、という漠然とした覚え方では、実際に運転しても感覚が分からないので、予め、先に述べた方式を参考にして、初心者の方は少し多めに車間を取る事をお勧めします。
割り込まれてもイライラしない。安全で楽しいドライブの為に、最も基本となる前方の注意義務を徹底する運転技術を実につけましょう。運転は慣れだと言われますが、良い習慣を身に着ける事が理想です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る