記事の詳細

自動車の性能は年々向上していますが、毎日全国で交通事故が起きています。わき見運転など注意力の散漫や、スピードを出し過ぎすぎていることが原因です。特に高速道路や街中で発生しやすいのが、衝突事故です。うっかり前方の車に衝突しないよう、運転上の注意点を確認しておきましょう。衝突を避けるには、速度に合った車間距離を保つことが大切です。スピードを出していれば出しているほど、車が停車するまで時間がかかります。スピードを出して走行している時に前の車が急ブレーキを踏むと、止まりきれずに衝突してしまいます。それを避けるためには、適切な車間距離を維持することが必要なのです。目安として、速度から15を引いた数字が車間距離となります。60キロで走行している場合は45メートル車間距離を保てば良いでしょう。また、高速道路などで80キロ以上の速度で走っているときは、そのままの数字が車間距離となります。雨が降っているときなど、路面状況が悪い時には、より長い距離を取る必要があります。また、車線変更の時にも速度に応じた車間距離を取ることが大切です。ゆっくり走行している車の中に、スピードを出して入ると前の車に衝突してしまいます。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る