記事の詳細

車を運転していると道路に障害物がある時があります。それは駐車している車であったり、自転車であったり、物であったりします。このよう物がある場合には、どのように避けて走行したらよいのでしょうか。これからその方法について紹介します。
運転している時に障害物があると、初心者の場合、ドキドキしてしまうのではないでしょうか。しかし、まず見つけたら、避ける必要があるということを認識し運転しましょう。避ける場合には、右ウィンカーを出して周りの車に合図をしましょう。そして避けていきます。ハンドルさばきですが、直線を走ってるかのように、あまり回さない方が良いとされています。ハンドルの操作量は少なくしましょう。また、駐車している車を避ける場合には、突然ドアが開く危険性があるので、ドア1枚分は距離をとって走行すると安全です。片側1車線の場合には対向車線に少しはみ出る必要があります。対向車線のドライバーも障害物を認識しているので、お互い譲り合って走行することになりますが、衝突しないように、スピードを調節して走行しましょう。なお、どうしても走行しながら避けられない場合には、停車して安全を確認してから避けるのもよいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る