記事の詳細

片側の車線が2車線以上ある場合には、どこを走れば良いのか迷ってしまいます。周りに何もない道路であれば、どの車線を走っても、それほど違いはりませんが、街の中の道路を走る場合には左車線や右車線を走っていると、右左折をする車によって停止させられてしまうことが多くなります。

片側が3車線ある場合、特に何もないようであれば中央車線を走るのが最もスムーズに運転をすることができます。また左車線を走っているとバイクなどの走行がありますので、事故に遭う確率としても高くなりますので注意が必要になります。

もしも片側2車線の場合には基本的には右車線の方がスムーズに運転をすることができます。普段慣れている道路の場合には右折で混む交差点の手前で左車線に車線変更をして混雑を回避すると良いでしょう。右側通行は路上駐車の車に妨げられることも少ないので良いです。

ただし知らない道路の場合、右側通行をしている際に右折の車の渋滞に巻き込まれてしまうと厄介になりますので、知らない道路の場合には左車線を走行している方が無難になるでしょう。

また右側通行をしている場合には標識などで右折専用車線があるかどうかをチェックすると、あらかじめ回避することもできますので、チェックするようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年12月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る