記事の詳細

日頃から、通勤や買い物、家族の送り迎えといった形で、頻繁に車の運転している人でも、レジャーで遠出する際には注意する必要があります。というのも運転し慣れているため、ついつい慎重さがなくなり、注意力が散漫になるケースが少なくないからです。しかも長時間のドライブというのは、運転に慣れた人でも疲れを感じたり、眠くなる等してついつい集中力を失いがちだったりします。運転初心者だとそういった疲労感に敏感なので、怖くなって直ぐに休憩して休むケースが多いです。
ですが日頃から運転し慣れている人は、そういった状態でも平気だと思い込んで、休みを取らずに運転し続けてしまう事が少なくありません。その結果、思わぬ形で事故を起こすケースもあるので、自分の運転技術を過信せずに、疲労を覚えたら直ぐに休む必要があるのです。
特に高速道路では、疲労や眠気による注意力の散漫さが、事故に繋がる危険性が高いので、注意が必要です。特に運転中には、電工標示板に表示される事故車有といったメッセージを、見逃さない様にする必要があります。それを見逃してしまうと、事故車として停車している車に追突したり、車から降りた人を見落として轢いてしまう可能性が高くなります。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る