記事の詳細

ダイエット中の食事で注意すべき事は、摂取カロリーばかりに気をとられないようにすることです。

人間にとって、食事とは体をつくる大事なものですから、カロリーが多いか少ないかだけでなく、

栄養の偏りがないかも考えるべきことです。

 

ダイエットのためにと食事の量を少なくしている人の場合、たんぱく質が欠乏していることがあります。

たんぱく質をある程度食事から摂取しておかなければ、健康状態をよりよいものにしておくことはできません。

 

ダイエット中の食事は、肉や牛乳など、脂質の多いものを避ける傾向があります。

しかし、肉、魚、牛乳などはたんぱく質の宝庫なので、ダイエットをしていても、一定量は摂取したいものです。

 

食事から摂取するたんぱく質の量が足りないと、筋肉をつくる材料が足りなくなって、代謝が悪くなります

。基礎代謝が落ちてしまうと、ダイエットどころかリバウンドし易い体になってしまうので、注意が必要です。

ダイエットをしている時には、体を動かさないでいる間にも消費されている基礎代謝を高く保つことが、非常に大事になっています。

 

基礎代謝は、年齢や性別、普段の活動量のほか、筋肉量にも関わっています。

筋肉が多い人ほど、基礎代謝が高くなる傾向があります。

ダイエットの効率を上げるには、食事に含まれるたんぱく質を減らし、低カロリーの食事にすることは理にはかなっています。

 

筋肉がわずかしかない体はダイエットの効率が上がりませんので、たんぱく質を食べて、筋肉をつけることも必要なことです。

食事から摂取するカロリーを低く抑えてダイエットをしている時でも、一定量のたんぱく質は補給していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年10月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る