記事の詳細

 

断食を取り入れたダイエットは、体重が減るというだけではなく、他にもいろいろな効果があります。

 

ダイエットに断食を使うことで、体の中にある不要な成分を排出することができます。

 

食事によって、私達は生きるために必要な栄養成分を補給していますが、食べたもののカスなどが体の外に出るまでにはおおよそ18時間です。

体重の推移は、1日にどのくらいのカロリー摂取をしているかと、1日にどのくらいのカロリー消費が行われているかで、

バランスがとれているといいます。

 

運動をあまりしない生活をしていると、食事で摂取したカロリーが、1日の行動の中で使い切れない状態になってしまいます。

使うあてがないカロリーは、いつまでも人体に留まり続けるようになります。

 

余ったエネルギーは体内で毒素となり、体に悪い影響を与える原因になります。

断食ダイエットがデトックスにいいとされているのは、体の中を断食によって一旦リセットすることで、不要な成分を体から出し切ることができるためです。

 

ダイエットで断食を行うことで、しぱらくの間食事の摂取量が著しく減るので、内臓にかかっていた負担を軽減できます。

胃腸からの消化吸収に負担のかかるものをしょっちゅう食べているような人は、胃腸が疲弊し、消化力が低下している可能性があるといいます。

 

ダイエットのために断食をすることで、減量にいいばかりでなく、胃腸の機能を一度休ませることができるというわけです。

ダイエットのために断食をすることで、減量にいい上に、消化力がよくなって健康状態がアップすると言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年4月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る